2006年10月20日

飛び入り六人衆

翼様⇒地図子様⇒哲史様⇒安伸様⇒司会雄介⇒小夏様


_hl13f (34)en-sq.jpg _hl13pe1 (31)en.jpg

_hl13pe1 (33)en.jpg _hl13pe1 (36)en.jpg

_hl13pe1 (4)en2.jpg _hl13pen4 (35)tril-1en.jpg


____________________________________
-277
【飛び入り衆朗読句】

中村安伸様

 殺さないでください夜どおし桜ちる
 男根を夕陽に染めてゐる空港
 今宵また妻がわたしを産む野分
 十万億土に秋の団扇がひとつきり

小夏様

 青々と髭剃りのあと舐めまわす
 特売の芋握りしめ竿想う
 交わりて愛の名残の筋肉痛
 絡まりて肌に食い込む赤い糸
 手のひらの中で濡れたる穂先かな
 草むらを掻き分け顔出す蛇イチゴ

(※各方々のサイトの日記から拝借しました)
posted by 二健 at 05:36
"飛び入り六人衆"へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
hl_bn01.jpg 【俳ラ綱領】 ■名称:俳句志・もののふの会「独演!俳句ライブ」 ■略称: 「俳ラ」■英文表記:Haiku Reading Solo Performance "HAILA" by Mononofu-no-kai  ■発生:「俳ラ01」 Since 1998.3.1 於JazzBarサムライ  ■コンセプト:「俳句朗読の実践窟*先ず口承ありき*俳の表現かくありき」■三大原則:(1)自句朗読=形式不問 (2)肉声=マイク使用せず (3)独演=共演せず ※鳴り物やBGM使用可。パフォーマンス可。朗読のみ可。 /窓口:SAMURAI (煽動と統括:宮崎二健) jike@n.email.ne.jp /主催:俳句志「もののふの会」~Jiken
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。