2012年09月08日

三番、哀愁と滑稽の俳優 神山てんがい【なまはげ泣く夜の七曲り】

◆みちのくの泣く子も猫も神隠し
◆子らも去り一人なまはげ奥の細道
◆ハマダラ蚊吸った血の分福をくれ
◆迷い道なまはげ泣く夜の七曲り
◆三途の川で流しそうめん
◆石積みの餓鬼にジェンカをのべおくり
◆くじら獲りミイラとりご機嫌とりの国
◆神宿り明日から耳鼻科にまいります
◆げに怖きみちのく牙城は留守という
◆投石をしてもひとり
◆五月雨を集めて汚染水ボトリング
◆都会では色情ガイガーカウンター
◆月旅行擬似体験ツアーイン福島
◆亡国のなまはげゴジラ進化論
◆トースターで安寧を焦がしちまった
◆我が思考も雑煮
◆舌と舌の会議
◆墓は千代紙で作ってくれ
◆垂れ流せ恋のメルトアップ大作戦
◆酔いのクチ二人で風邪をうつしあい 
◆鰹節買い置き切らし出汁は俺
◆一筆書きの愛撫かな
◆鈴虫の恋文届かぬのっぽかな
◆指は飛車思いは君の腹に乗せ
◆俺のすね毛をはむか愛しい女
◆キスしたいとレシートの裏に書いてみて照れて丸める
◆ワンタンの中に住みたい二人熱
◆切手貼って出して入れて見栄張って入れて出して俳ラ18三番、神山てんがい
◆俺を食べれば六臓六腑
◆痛きビンタのたんび期待(回文)
◆掻き合うも爆ぜ風はもう秋か(回文)
◆支那娘手息乱れそれ民聞いて雌虚し(回文)
◆蝉父知らず夏おつなずらし乳見せ(回文)
◆目薬になってやりたし台風の
◆サンダル右ふたつ
◆茶柱今さら
◆夕焼けを背に亡命のフラミンゴ
◆猫パンチ発電特許申請中
◆干支は戌血液型は保留です(実話です)
◆秋刀魚など食ってたまるか命日に
◆長話切なすぎて披露骨折
◆生きて漕ぐ舟にともなしかいもなし
◆悪い子はいねが?となまはげ泣き上戸
◆子らを呼ぶみちのく浄土黒吹雪


◎神山てんがい(俳優) TENGAI KAMIYAMA (ACTOR)

日本 出生地:北海道 現住所:東京
舞台を中心に俳優として活動。また脚本家・演出家として
これまでに多数の舞台を作り上げる。
大学時代から本格的に演劇活動をはじめ東京都内各所の
劇場で様々な作品に出演。演技と演劇の可能性を探るため、
以後様々なイベントをプロデュース。
舞台や映像のスクリプトも多数てがける。
演劇、音楽、ダンス、パフォーマンスのコラボユニット「煉獄サアカス」主宰。
東京、京都、韓国ソウル等でライブ活動を行う。
映画、テレビ、弾き語りライブ、路上パフォーマンスなど活動の幅は
多岐にわたる。フラメンコ(踊り)、韓国語、英語を勉強中。
◇映画
「鍵穴通りでサヨウナラを」吉田邦雄監督。
「訪問」保母新之助監督「月ねじれて」「イキガミ」「白亜都市」等
◇舞台
「落葉姫」「時計屋ホンジョ」『バラナシ』
「ガライの声」「スカベンジャーロッジ」「天上の教室」等
◇今後の展開
・カール・ステラ監督(オーストラリア)作品「帰り道 The Way home」
の撮影に向けて準備中。キャスティングアドバイザーも兼ねる。
・年に二回ほどのペースで一人芝居公演を実施中。
・幕末土佐の絵師「絵金(えきん)」を主人公にした一人芝居と
音楽の企画を準備中。東京、高知等で上演予定
・芝居と音楽とダンス等のコラボユニット、煉獄サアカスもまもなく
再始動。来年は劇場での大々的な公演を予定している。
◇お仕事に依頼お待ちしております。
俳優、パフォーマーとして、また脚本家、舞台監督、
イベントオーガナイザーとしてなど、ご依頼の方はご一報くださいませ。

 gakukami2`@yahoo.co.jp (件名に「出演依頼」などと書いてください)
posted by 二健 at 21:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 朗読作品 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
hl_bn01.jpg 【俳ラ綱領】 ■名称:俳句志・もののふの会「独演!俳句ライブ」 ■略称: 「俳ラ」■英文表記:Haiku Reading Solo Performance "HAILA" by Mononofu-no-kai  ■発生:「俳ラ01」 Since 1998.3.1 於JazzBarサムライ  ■コンセプト:「俳句朗読の実践窟*先ず口承ありき*俳の表現かくありき」■三大原則:(1)自句朗読=形式不問 (2)肉声=マイク使用せず (3)独演=共演せず ※鳴り物やBGM使用可。パフォーマンス可。朗読のみ可。 /窓口:SAMURAI (煽動と統括:宮崎二健) jike@n.email.ne.jp /主催:俳句志「もののふの会」~Jiken