2006年10月20日

飛び入り六人衆

翼様⇒地図子様⇒哲史様⇒安伸様⇒司会雄介⇒小夏様


_hl13f (34)en-sq.jpg _hl13pe1 (31)en.jpg

_hl13pe1 (33)en.jpg _hl13pe1 (36)en.jpg

_hl13pe1 (4)en2.jpg _hl13pen4 (35)tril-1en.jpg


____________________________________
-277
【飛び入り衆朗読句】

中村安伸様

 殺さないでください夜どおし桜ちる
 男根を夕陽に染めてゐる空港
 今宵また妻がわたしを産む野分
 十万億土に秋の団扇がひとつきり

小夏様

 青々と髭剃りのあと舐めまわす
 特売の芋握りしめ竿想う
 交わりて愛の名残の筋肉痛
 絡まりて肌に食い込む赤い糸
 手のひらの中で濡れたる穂先かな
 草むらを掻き分け顔出す蛇イチゴ

(※各方々のサイトの日記から拝借しました)
posted by 二健 at 05:36| Comment(5) | TrackBack(0) | 朗読作品 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
いいなーw
小夏さん。。私も竿を想ってみたいですーww

また、サムライでお会い出来たらと。
しかしながら太いw私!
Posted by 地図子 at 2006年10月27日 14:20
地図子さま、せっかく飛び入り果たしたのですから、
詠んだ句も教えて下さい。

芋と言えば、スーパーで巨大な里芋の親分のような芋が
たったの100円だったので、買い込みました。
セレベスというのだそうです。千葉県産。
赤ん坊の頭の大きさです。食べるか水栽培するか迷った果に、
家に持って帰って土に返してやることにしました。
魚屋で動いている伊勢海老や蟹がいると、
買い取って海に返してやりたいと思います。
実際にやったことはありませんが。

地図子さん、貴方の等身大の全身写真が
新宿駅南口歩道の工事現場の壁に貼られてましたよ。
写真撮ったから後で見せてあげます。
BBS「サムライブルース」でね。 -406
Posted by 二健 at 2006年10月28日 08:37
じゃ、書くわw
・ヒモ天狗
のらりくらりと
日が暮れて
・チチ張りて
あふるるものの
ゆきさきよ
・スリットの
向こうに見ゆる
逆さ富士
ですー
また、けなすんでしょ?w
私、まだ見てないw
どーーせぶっさいくなんだろーなーw
でも、皆で記念撮影行こうねー?w
Posted by 地図子 at 2006年10月29日 17:21
地図子さま

こんにちは。小夏です。
コメントどうもありがとうございます。

あの「芋」の句は、実話なんです(笑)
ええ感じの芋を買いまして、さんざん眺めたり撫でまわしたりしたあと、美味しい炊き込み御飯になりました。

またサムライでお会いできる日を、楽しみにしております。
「逆さ富士」色っぽかったですよ~!
Posted by 小夏 at 2006年10月29日 22:39
おはずかしいw
太い姿、晒しちまいましてw
お芋、良いですね。w
小夏さん、料理、お得意そうですね?w
また、お会いできる日を。
あんがとでした。
Posted by くかー at 2006年10月29日 23:46
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
hl_bn01.jpg 【俳ラ綱領】 ■名称:俳句志・もののふの会「独演!俳句ライブ」 ■略称: 「俳ラ」■英文表記:Haiku Reading Solo Performance "HAILA" by Mononofu-no-kai  ■発生:「俳ラ01」 Since 1998.3.1 於JazzBarサムライ  ■コンセプト:「俳句朗読の実践窟*先ず口承ありき*俳の表現かくありき」■三大原則:(1)自句朗読=形式不問 (2)肉声=マイク使用せず (3)独演=共演せず ※鳴り物やBGM使用可。パフォーマンス可。朗読のみ可。 /窓口:SAMURAI (煽動と統括:宮崎二健) jike@n.email.ne.jp /主催:俳句志「もののふの会」~Jiken