2006年10月20日

四番:情野千里 川柳舞踏【 LEON ROZO☆赤いライオン 】

(写真をクリックすると大きくなります。Photo by Jiken)

hl13pe1 (20)dl.JPG hl13pe1 (26)dl.JPG

 立ちながら尿(しと)してアマゾンはじまる
 アナコンダどこを踏んでもグーを出す
 アルパカと豆腐小僧がいて淫ら
 横行結腸あたりはボレロタンゴかな
 くるくると帯くるくるとラテンの血
 芸とする赤道直下の目合(まぐわい)を
 ハチドリの長い舌にて昇天す
 爆笑のあとのイグアナ錆びている
 スペイン語新聞母乳(ちち)がにじみ出す
 獅子吼して獅子疾駆してまっ赤っか

_____________________________________
◇ 情野千里(せいのちさと):川柳作家、舞踏家
…またの名をアート系専業主婦・セーノ、時に耳姫と謂う。
「独演!俳句ライブ」には2001年の初陣以来、4度目の出演。
宮崎二健のもののふ道に踏み迷うては、俳の甘露を川柳盃にて飲み干す歳月…
_____________________________________
hl13f (26).jpg hl13f (20).jpg

◇ 年 表
1980 時実新子の川柳教室に入る。
1987 川柳パフォーマンスを始める。
1990 桂勘の弟子として舞踏を始める。
1993 〈川柳舎・みみひめきっちん〉を創立。
   代表として川柳パフォーマンスの企画、制作、発表をおこなう。
1999 日仏合同制作舞台公演『エンペドクレスの死』に川柳による
   日本版テキストを提供。
   日本公演の制作、出演。フランス公演に同道する。
2000 タイ(チェンマイ、バンコク)における舞踏公演で、
   川柳舞踏『お伽噺』を発表。
2000 フランス・北コルシカ演劇祭において
   舞踏公演『バガバット・ギータ』に出演。
2004 舞踏ユニット「小式部KOSHIKIBU」を結成。旗揚げ公演をおこなう。
2005 “川柳舞踏”の確立と世界進出を目指してワールドツアーを開始。
   Vol.1としてオランダ公演を実施。
2006 情野千里の川柳舞踏ワールドツアーVol.2として
   南米エクアドル公演をおこなう。

◇ 受賞歴
2002 「詩のボクシング」兵庫大会・初代チャンピオン
2004 「姫路文連」姫路文化賞・第22回黒川録朗賞

◇ 感 想
「俳ラ13」に参加しての感想は、初参加した時とほとんど変わらない
“混交するライブ感覚”とでも表現するしかない肌触りでしょうか?
詩(うた)の肉体性などと称して、川柳を肉体のダイナミズムに翻訳する
営みを続けている私には、この肌合いが好ましいのです。
時間的なこととか、内容や参加する俳人、柳人の質とかは第二義的な
要素でしょう(私も含めて)。とりあえずは、継続してゆくことが肝要かと…
_____________________________________
-275

hl13pe1 (17)dl.JPG hl13pe1 (11)dl.JPG hl13pe1 (22).JPG hl13pe1 (14)dl.JPG hl13pe1 (10)dl.JPG


posted by 二健 at 03:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 朗読作品 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
hl_bn01.jpg 【俳ラ綱領】 ■名称:俳句志・もののふの会「独演!俳句ライブ」 ■略称: 「俳ラ」■英文表記:Haiku Reading Solo Performance "HAILA" by Mononofu-no-kai  ■発生:「俳ラ01」 Since 1998.3.1 於JazzBarサムライ  ■コンセプト:「俳句朗読の実践窟*先ず口承ありき*俳の表現かくありき」■三大原則:(1)自句朗読=形式不問 (2)肉声=マイク使用せず (3)独演=共演せず ※鳴り物やBGM使用可。パフォーマンス可。朗読のみ可。 /窓口:SAMURAI (煽動と統括:宮崎二健) jike@n.email.ne.jp /主催:俳句志「もののふの会」~Jiken
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。