2012年09月09日

四番、俳ラの女王 ギネマ【業の樹】

秋深し木槌が響く丑三つや

教会の避雷針が怒りを集めている
行け行けと古柿朽ち柿そそのかし
行秋やお前の手と私の手を貼り付けてやるhl18_495.JPG
藁人形を凝った作りにしてしまい
丑の刻参りの帰りに小腹が空いて夜鷹蕎麦
母の血も父の血も吸う別れ蚊よ
作業員の情夫が韻を踏めよ星月夜
秋蝶の欲深き粉舞い踊り
こんな夜中に何もないから貴方を煮ている
約束が違う花など咲かして
誰かいただろうスイカの縞が証拠だ
泥酔と夜と雷雨と橋だった
ダンゴ虫踏み潰されようとも舌を入れねば
コンクリート固まりぎわで別れ話か
アタシも泣きたいと夜の自販機濡れて
どうしても砂地がいいというカニに見せたい花があった
窓越しのカンナよ先生訳は言えない
入学式の思い出が夜の箪笥から這い出るのです
一家心中 手相の勉強しているんですけど
先祖代々粘着紐の家系なり
仏壇の葡萄をひとつ潰す母
眠ってはならん母が糸を吹く虞がある
夜中に膨らむなぞうちの嫁には向かん
石女が皿割りおってまだ濡れぬというか
風鈴の中に咲きます兄妹心中
責任の大半は女中のホクロにあるのだ
指を吸ってよ月夜の犬みたいに
山茶花を切った鋏はあなたの上
学の無い女の歯型美しき
約束は足の小指に結びけり
逢えぬ夜の熟柿を吸う冷たさよ
磨りガラス割れたら見えなくなったのあたしの越冬つばめ
漆喰から昔の男を呼び戻す
気のふれたスープを今日も分け合いましょう
胃病患者(やみ)川へ行け石を喰え
愛玩便所膝にコールタールの印
実刑はデキモノガ広がる夜の自慰とする
燃えないあたしをカラスが持って行くわ
奇病はカーテンの裏にたいていいる
赤痣にデンデン虫よ恋しいか
爪切りは舌へあててこそ分かるのだ
背中にまでねんごろ病が進んでいる
いい匂いの蟻が二人のベッドにはいって来る
見た事のある蟻が情夫の膝に這っている
あなたの唾液の匂いの蟻が風呂場にいる
髪の長い蟻が黒髪一本置いていく
その嘘つきのヨダレを調べてみろ
そうじゃなくて床下にいるのはあの時の私よ
どうしてと右手が尋ね左手が泣く
赤痣にデンデン虫よ恋しいか
洗濯かごの殺意にカビが生えてしまった
蝿女がハンバーグなんぞに気をとられて
この壁を塗り替えろ蝿女が染み付いている
新しいはずの布団に三人分の唾液が染み付いている
痩せ犬があたしの背中に生えてくるの
裸電球あたしの蛹焼殺せ
いもづる式に乳首黒くなってきた
排水溝で純愛が干乾びている
忘れよ忘れよ掘る穴の先
嘘つきね経血沈殿する夜の浴槽
からっぽの鉛筆突き立てる朝あの人が出来上がる

夜顔の泣き顔萎れて明けにけり

posted by 二健 at 00:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 朗読作品 | 更新情報をチェックする

2012年09月08日

三番、哀愁と滑稽の俳優 神山てんがい【なまはげ泣く夜の七曲り】

◆みちのくの泣く子も猫も神隠し
◆子らも去り一人なまはげ奥の細道
◆ハマダラ蚊吸った血の分福をくれ
◆迷い道なまはげ泣く夜の七曲り
◆三途の川で流しそうめん
◆石積みの餓鬼にジェンカをのべおくり
◆くじら獲りミイラとりご機嫌とりの国
◆神宿り明日から耳鼻科にまいります
◆げに怖きみちのく牙城は留守という
◆投石をしてもひとり
◆五月雨を集めて汚染水ボトリング
◆都会では色情ガイガーカウンター
◆月旅行擬似体験ツアーイン福島
◆亡国のなまはげゴジラ進化論
◆トースターで安寧を焦がしちまった
◆我が思考も雑煮
◆舌と舌の会議
◆墓は千代紙で作ってくれ
◆垂れ流せ恋のメルトアップ大作戦
◆酔いのクチ二人で風邪をうつしあい 
◆鰹節買い置き切らし出汁は俺
◆一筆書きの愛撫かな
◆鈴虫の恋文届かぬのっぽかな
◆指は飛車思いは君の腹に乗せ
◆俺のすね毛をはむか愛しい女
◆キスしたいとレシートの裏に書いてみて照れて丸める
◆ワンタンの中に住みたい二人熱
◆切手貼って出して入れて見栄張って入れて出して俳ラ18三番、神山てんがい
◆俺を食べれば六臓六腑
◆痛きビンタのたんび期待(回文)
◆掻き合うも爆ぜ風はもう秋か(回文)
◆支那娘手息乱れそれ民聞いて雌虚し(回文)
◆蝉父知らず夏おつなずらし乳見せ(回文)
◆目薬になってやりたし台風の
◆サンダル右ふたつ
◆茶柱今さら
◆夕焼けを背に亡命のフラミンゴ
◆猫パンチ発電特許申請中
◆干支は戌血液型は保留です(実話です)
◆秋刀魚など食ってたまるか命日に
◆長話切なすぎて披露骨折
◆生きて漕ぐ舟にともなしかいもなし
◆悪い子はいねが?となまはげ泣き上戸
◆子らを呼ぶみちのく浄土黒吹雪


◎神山てんがい(俳優) TENGAI KAMIYAMA (ACTOR)

日本 出生地:北海道 現住所:東京
舞台を中心に俳優として活動。また脚本家・演出家として
これまでに多数の舞台を作り上げる。
大学時代から本格的に演劇活動をはじめ東京都内各所の
劇場で様々な作品に出演。演技と演劇の可能性を探るため、
以後様々なイベントをプロデュース。
舞台や映像のスクリプトも多数てがける。
演劇、音楽、ダンス、パフォーマンスのコラボユニット「煉獄サアカス」主宰。
東京、京都、韓国ソウル等でライブ活動を行う。
映画、テレビ、弾き語りライブ、路上パフォーマンスなど活動の幅は
多岐にわたる。フラメンコ(踊り)、韓国語、英語を勉強中。
◇映画
「鍵穴通りでサヨウナラを」吉田邦雄監督。
「訪問」保母新之助監督「月ねじれて」「イキガミ」「白亜都市」等
◇舞台
「落葉姫」「時計屋ホンジョ」『バラナシ』
「ガライの声」「スカベンジャーロッジ」「天上の教室」等
◇今後の展開
・カール・ステラ監督(オーストラリア)作品「帰り道 The Way home」
の撮影に向けて準備中。キャスティングアドバイザーも兼ねる。
・年に二回ほどのペースで一人芝居公演を実施中。
・幕末土佐の絵師「絵金(えきん)」を主人公にした一人芝居と
音楽の企画を準備中。東京、高知等で上演予定
・芝居と音楽とダンス等のコラボユニット、煉獄サアカスもまもなく
再始動。来年は劇場での大々的な公演を予定している。
◇お仕事に依頼お待ちしております。
俳優、パフォーマーとして、また脚本家、舞台監督、
イベントオーガナイザーとしてなど、ご依頼の方はご一報くださいませ。

 gakukami2`@yahoo.co.jp (件名に「出演依頼」などと書いてください)
posted by 二健 at 21:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 朗読作品 | 更新情報をチェックする

二番、魂の朗読者 葛原りょう

道、開けとけ。俺が通る
さびしくても大蛇
叫ぶならば地下鉄
狐鳴く最終電車見送って

  †  †

鬼はついに鬼の枯野を得たりけり
転んだ、盛大に、あまりにも、人間的に
仏陀も使徒だ
空を刺せ! 神様が落っこちてくる

  †  †

泪はいつも秋の正しい道とおる
赦す赦さぬ赦せ赦さじ彼岸花
ゆく秋の靴底だけが減ってゆく
気をつけるな人間しょせん運
ヒヤシンスを置いたら部屋がヒヤシンスになった
最強のざりがにを飼っていた
きみも無職わたしも無職 寒桜
夜は酒のせいにする
銀河もう拡がるな
1時間で腐海になる部屋 猫とゐる
問い一つ答え一つの彼岸花
落としてもまだ咲いてゐる彼岸花

  †  †

モテテゐるサイババと俺
薄力粉、もう少しこねて
水着ぜんぶ紐だったら俺、女の紐になる
猫の名前はちくわです
ゆあーんと骨、ゆっくり右に曲がってゆく
あーもんどちょこれいとひらがなしにしてもとりこ
がいこつ/イケてる
しかしMPが足りなかった…と秋の呟き

  †  †

頑張れないガンダム
もう無理ってジム
頑張ってもネモ
ボール……以下略
三倍のザクの速度で金拾う
ネイルアートしたいズゴック
いやん、ジオング脚忘れ過ぎ
美脚なビグザム
ザクレロのレロレロ
哀しいけどこれって平成なのよね
毎日が南無三
「宇宙」と書いて「そら」は無理だろ
巡り逢ってねえし

  †  †

アダルトなユーチューブにけふも釣られる
浮きがひかれる
思い出の釣り糸垂れてゐる

  †  †

鳩胸の君だったから突っ込んだhl18_葛原りょう
カダフィの空に白鳩放ちやる

  †  †

帰ってしまった友の座布団がある
すぐに嬉しいすぐに忘れる
や、と言って、よっ

  †  †

首ひとつ手毬の女にくれてやる
それぞれのカルテを持って泣いている
さばくさばくと唱えていちにち
生涯居留守
生まれてしまってたくさん食った
金がない質屋へ走る
金目のものがない両手を縛る
せきをしても人参
どぜう鍋 これが野田かと思いけり

  †  †

ナウシカの虫になりたい
その日の枝つかむ
わたしですかみさま
出逢うための雨の別れとなりにけり
あしたからは力石

葛原りょうプ ロフィール
78年7月生。三鷹で育ち、太宰治の墓裏でよく遊ぶ。
17才より詩に目覚め、出奔。思うところあって約3年、
共同体「新しき村」にて農業に従事、以降転々とバイト暮らしに勤しむ。
俳句、短歌に限らず全ての芸術表現を愛するあまり均等に携わるので、
何一つものにならず現在に至る。
第1詩集「朝のワーク」第2詩集「魂の場所」。
大衆文藝ムジカ代表。
絶叫ライヴ「ムジカマジカ」ヴォーカル。

ユーチューブで葛原りょう/ムジカマジカと検索してみてください。
ほか、ホームページあります。

posted by 二健 at 06:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 朗読作品 | 更新情報をチェックする

一番、天狗仮面俳句怒号 宮﨑二健 【退化の改心】

  1. 大波津波祈る彼方の秋の声  
  2. 瓦礫の浜で回り続ける風車
  3. 子宝に恵まれていた犬の遠吠え
  4. 山粧う国中を取りまく防波堤という関税
  5. 仏壇冷えて用不用論の鈴鳴らす
  6. 国難をどう乗り切るか猫会議
  7. 虫こで身づくり退化の改心
  8. 紅葉の駅に指名手配の御触れかな
  9. 天狗にはかんらからから節電時代
  10. 寝たふりをしてたら起こしてくれる人がいなかった
  11. だから耳打ちしたじゃないか桃は使うなって
  12. 貧乏はびんびんで絵空事hl18_067.JPG
  13. 天狗は遅刻回春電車は待ったなし
  14. 一物の社会や窓のシクラメン
  15. 右の靴下をひっくり返すと左になった
  16. 意味分からないなりに別れたかった月夜
  17. 無花果落ちて猫がおどろくみことのり
  18. 芋虫ころころうらやましがる天狗であった
  19. 心から改めますとビーアンビシャス
  20. 取り留めなく引けば引くほど面白い
  21. 記号節欲して退化の改心ぼじそわか



略歴 ◇ 宮﨑二健 Miyazaki Jiken
浅間山麓で出生。藤圭子と同齡。新宿在住。85年から俳句の道へ。
原子公平に親炙9年。現代俳句協会の青年部時代に部長だった夏石番矢に
自由律の橋本夢道を教わって私淑。特に回文俳句と「俳ラ」活動に専念。
自店サムライを根城に、俳句志・もののふの会の看板守且つ扇動者。
会員不定なので、もののけの会ととも云われる。口承文学と俳の見地から、
俳句朗読活動を痛感し、98年3月1日「俳ラ」活動を創始。
同年11月の「俳ラ2」より、天狗仮面俳句怒号と称して暴れる。
我が俳句朗読には、自由律俳句が向くが、定型も混じる。
今回の「俳ラ18」迄、ギネマと共に率先して連続出演。
佐久市の島田牙城率いる里俳句会主催の「朗読火山俳」に、
02年3月の初回より連続4回出演した。歌人らの大朗読会だった
「マラソンリーディング」には2回出演して俳人の面目を守った。
93年2月より99年5月迄、現代俳句協会青年部委員、
99年5月、部長の夏石番矢より第二回現代俳句朗読賞受賞
(唯一の賞歴也)。生活困窮の為05年3月に同協会を退会。
現在、「豈」同人。慢性金欠病で自己名義の句集未だ無し。

持論 「俳句とは俳の句である。俳人とは俳の人である」、
従って俳が命題也。「俳句の核心は俳言である」。
「俳は詩に非ず」。【深刻と滑稽の背反是俳也】
ブログ「JazzBarサムライ」、「俳ラ」、facebook その他。
 メール:jikeアットマークn.email.ne.jp

posted by 二健 at 05:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 朗読作品 | 更新情報をチェックする
hl_bn01.jpg 【俳ラ綱領】 ■名称:俳句志・もののふの会「独演!俳句ライブ」 ■略称: 「俳ラ」■英文表記:Haiku Reading Solo Performance "HAILA" by Mononofu-no-kai  ■発生:「俳ラ01」 Since 1998.3.1 於JazzBarサムライ  ■コンセプト:「俳句朗読の実践窟*先ず口承ありき*俳の表現かくありき」■三大原則:(1)自句朗読=形式不問 (2)肉声=マイク使用せず (3)独演=共演せず ※鳴り物やBGM使用可。パフォーマンス可。朗読のみ可。 /窓口:SAMURAI (煽動と統括:宮崎二健) jike@n.email.ne.jp /主催:俳句志「もののふの会」~Jiken@Agitator