2008年12月16日

四番、ギネマ【 裸のキッチン 】

足跡がまだ温かい

流しで詰まっているアタシの恋
青虫潰れぬように君を抱こう
逢えぬ夜の熟柿を吸う冷たさよ
私は二人のシーツに住む蟲である
気のふれたスープを今日も分け合いましょう
貴方の唾液かもしれない染みを抱く
ねえ舌を少し貸してと冬苺
どうしてと右手が尋ね左手が泣く
こんなにも愛しているのに味噌汁が薄い
もう何も言うなと電気ストーブ焦げている
年越してものびなかった蕎麦が怪しい
新年の綿埃がチリチリチリチリ焦げている
くちづけを割れた茶碗にするのだった
深いほど絡みおりけり土鍋のシラタキ
君の背は夜のアラビアだね
貴方の指はクロコダイルの夢ね
貴方は船で私はフジツボね秋の海
夜は液体化するの私の恋は    hl15nk625.jpg

夜の穴に堕ちる           

深き風呂に果てり    
身も心も影も
便所にも春は来
餓鬼よ窓を叩け
鏡のせいである

蚊を殺す手で抱く
俺の目を吸うのか
刺すよアタシ蚊だもん
俺の目を縫うのか
行く先告げ蚊去る
俺の目が皿に
もう逢えぬと蚊泣く
君の髭を案ず
上司憎い寿司屋
後輩死んで天下
殺せとトナカイが
サンタさんが怖い

夜まるで墓穴

隣家燃えし初冬
不燃ゴミ拾いて
父が壁に潜む             hl15nk647.jpg
母の夕餉キケン           
母錆びて動かぬ           
夜が母を襲う             
祖母の乳房持ちて        
祖父の首は何処に
兄と風呂で遊ぶ
毛穴に兄が居る
姉のオトコ箱に
妹泣くが無視

夜が巨大化する

舌を吸う果物
今それを出すなよ
この枇杷舌入れる
おーいと呼べど貝
なぜ行くか痩せ犬
影を踏みて独り
いちじく雨に恋
既に耳は攻めた
君を縫いし唾液
抱いてと空に言う
貴方丸めパクリ

こんな夜中に何もないから貴方を煮ている

あの背中に間もなく落とす唾液を密かに吟味す
ある思惑を持ちて熟成に及ぶ舌先
足先を洗うのはあの人を絡め盗る為の準備
あなたの耳にあの種を埋めたわ
紅をさしヤモリけけと鳴く夜伽
モノサシに籠めたる想い熱すぎて諮れず
何故に額が必要であるのか絵にも分からぬ夏蒲団
そこに寝ろお前に蓋して三分も待てぬ
タイル剥がして君を埋めてタイル貼って君を想うタイル綺麗

離れても繋がったまま夏の影法師
芋虫として生きる喜び芋の味
嗚呼あああ痣が動く夜になると
コオロギがさよならさよなら言うている
激しく生きたミミズが激しく腐っていく

残菊や去年からずっと夜が止まらない
あなたの舌で夜を拭って
夜融ける貴方を口にふくみたし
種屋さん彼が生える種はないの?
君に纏わりつきたし花粉として
君の指ねぶる野犬の吠ゆる宵
夜と犬と肉を交互に抱く
対の鳩濡れた窓より放ちけり



足跡がまだ温かい

hl15nk618.jpg
_________________________________(29分)

◇ギネマ Ginema
俳句志「もののふの会」に参加し少しずつ作品を作るが、
実は俳句の勉強はしたことがない下等俳人。
殺人やら自殺やら血なまぐさいことが絶えない家系で、俳句の環境は整っている。
「独演!俳句ライブ」は連続出演更新中。
賞無し罰有り。低学歴低収入。三白眼鮫肌。
▽ギネマ屋敷 
http://www.ne.jp/asahi/hai/ten/ginemaarts1.htm
_________________________________

ラベル:俳ラ15 ギネマ
posted by 二健 at 22:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 朗読作品 | 更新情報をチェックする

三番、神山てんがい 【 二十坪の王国 】

 くにづくりあけぼの的九句
★二十坪ダイオキシンの我が祖国
★王様は男やもめで裸なり         hl15nk488tr.jpg
★二人でもシュプレヒコール神なき祖国
★大臣は犬猫カラス我が祖国
★そもそも地形が肉食獣である
★国ざかいメザシ一匹送らせぬ
★秋深し不法入国者に馬場チョップ
★やめちまえもう諦めろとちろり虫
★服着てもマイナス六度の恋心

 ああ今日も酔いどれ川柳六句
★負け戦溺れて臥せり夏のジン
★居酒屋のふぐ提灯に訓示たれ
★栓抜きを持ちて自由の女神かな
★おまわりさんごめんまだまだ話したい
★「アミーゴ」と言い寄りゃにげるペルー人
★血痕のついた名刺に覚えなし

 色恋いろいろ刹那的七句
★指は飛車思いは君の腹に乗せ
★カポックより私を部屋に立たせなさい    hl15nk494tr.jpg
★一人寝の二人隙間は三里かな
★十六夜にあたしを噛んでとピスタチオ
★「好き」と画鋲投げ
★君乗せて北へ過ぎたか空のシャチ
★リバーシブルコートになりたい秋二人

  柿によだれの対二句
★先生にしがみついてる忘れ柿
★老骨に縋りし花の覚え柿

 右脳溶解的回文五句
★失策棚上げあなた草津市
★電脳も知らずにずらしもう飲んで
★蝉父知らず夏おつなずらし乳見せ
★かの誘惑にイチモツ持ち意にくわう湯の香
★夜ば明けし波も帆もみなしけアバヨ

 祖国探索的しぞいど十句
★夕映えに故郷歌うか消防士
★月の下で知恵の輪なんて残酷な
★大根が死んでしまったとアナウンサー泣く
★お告げで君の口を吸えと言われたもんだから
★サンダル右ふたつ
★簡単に銃口を向けるなプランターの小鬼めら
★ララバイを一つ包んでおくれ
★俺を食べれば六臓六腑
★雲ならちぎれまた交じる
★カキフライもらい泣きして我が祖国

hl15nk522.jpg

_________________________________(23分)

◇神山てんがい Kamiyama Tengai
俳優、演出。音楽、ダンス、演劇等のコラボユニット「煉獄サアカス」主催。
映画、テレビ、舞台、弾き語りライブと活動の幅は多岐にわたる。
 ▽HP「煉獄サアカス」  http://rengoku-circus.info/
_________________________________

▼神山てんがい事後感想(クリック)▼
ラベル:俳ラ15 てんがい
posted by 二健 at 03:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 朗読作品 | 更新情報をチェックする

2008年12月14日

俳ラ名物、〈飛入り〉西野りーあ

〈口上の句〉
秋薔薇 誰か 死んでる 行く手かな
 hl15nk478.jpg
火の夢や 御身に宿る 金木犀
幻覚の 薔薇の波間が やいば研ぐ
高波や 死せる兄らに 案内せよ
幻惑の 獣が寄り添う 花しぶき
 
いざよいに 火炎の船の 降りきたる
夜更けには 杯に降りつめ 柘榴石
火を屠る 七夜のおろち いかずちの夢
 
夕暮れの国に戻るか 金木犀
御身ゆえ 百合したがえて 水の船
精霊狩り 瑪瑙の牢に 朽ち果てず、月。
凶夢(まがゆめ)に 愛されるらん 柘榴喰む
 
蓮 眠れ 水路のみやこ 闇ひらく
十字路に立つや 御身の 黄金の夢
いかづちの 降る夜は 謡う はちすかな
碧玉を 砕いて眠れ 霧の底
百合揺れる 夜は 酒なり おろちの子
早朝に 翡翠したたる 眠りかな
無花果の罪なし 昼も 凝る夢
 
イェイツに捧ぐ―――
月の風荒れり 謡うわ 妖精(シー)の群れ


hl15nk471.jpg
●西野りーあ(3分)↑
■プロフィール
某年某月東京生まれ、埼玉在住
子供の頃から幻想系の絵や物語をかきはじめる。
詩の同人誌、文芸同人誌参加、視覚表現、朗読活動多数
・第一詩集「うろくずやかた」土曜美術社出版販売95刊
・散文詩「人魚迷宮譜」土曜美術社出版販売97刊
▽HP「うろくずやかた」
 http://urokuzu.net/
▼西野りーあ事後感想(クリック)▼
posted by 二健 at 04:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 朗読作品 | 更新情報をチェックする

2008年12月13日

俳ラ名物、〈飛入り〉即興俳人二方

hl15nk448.jpg
 ●市原ユウイチ 即興俳句朗読 (3分)↑
 ▽劇団「アニマル王子」所属の俳優
 http://www.geocities.co.jp/Hollywood-Theater/3312/

hl15nk481.jpg
●藤田哲史 トークと即興俳句朗読 (5分)↑
・2006年の「俳ラ13」にも飛び入りされた俳ラ共感者。俳人・学生
ラベル:俳ラ15 飛入り
posted by 二健 at 19:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 朗読作品 | 更新情報をチェックする

2008年12月12日

俳ラ名物、〈飛入り〉葛原りょう

hl15kn039.jpghl15nk425.jpg

ryoTex2ds.jpgryoTex1ds.jpg


hl15nk439.jpg

●葛原りょう (9分)↑

「俳ラ15」飛入りのために用意した句稿を、
懇親の力を込めて朗読した。入魂の叫びに誰しも目を見張った。
「俳ラ9」初出演以来、舞い戻った葛原りょうの再出現によって、
俳ラ名物の飛入りは高みに達した。
これを契機に、“飛入り”という参加方法は、事前に名乗りを上げた出演者と、
積極的表現者的立場は同等のものであることを承知した。
事前に朗読原稿をメールで提出した飛入り参加の西野りーあ
もまた、積極的表現者精神は同様であった。

▽葛原りょう公式blog
 http://ryo-kuzuhara.cocolog-nifty.com/blog/
posted by 二健 at 01:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 朗読作品 | 更新情報をチェックする

2008年12月11日

二番、轟ひろた 【 33歳の俳句 】

  • 一九七五年 轟ひろた ここにあり
    幼稚園 お遊戯一人 ボイコットhl15nk386.jpg
    幼稚園 おやつの時間 現れる
    小学生 初めてのファミコン 猿になる
    エロ本を 買いに行ったり 隣町
    静けさや 布団に染み入る あえぎ声
    裏ビデオ 咳をしても 一人
    青春は ブルーハーツと ダウンタウン

  • 喜怒哀楽 すべての頂点 十九歳
    阪神大震災 人殺し以外 全部見た
    怒り悲しみ やわな理屈じゃ かなわない
    在日の あのおばあちゃん どこ行った?
    人を殴る 殴る理由が もっと痛い
    許さない 許さない 許せない
    悲しい思い出は すべて 鉄の中

  • カウンセラー 星の王子さま ジョンレノンhl15nk393.jpg
    秋の夜 突然力が 湧いてくる
    大学生 初めてのインターネット 猿になる
    働いて 周りを見ながら 働いて
    刑事事件 頚椎捻挫 頭部打撲
    五日間 天井だけを 見つめてた
    ひろたさん 日本の刑法って 狭いんだよ
    弁護士さん あんたの言い方 最悪だ
    一年間 人に言えない 努力する

  • 傷ついて 人の弱さが よくわかる
    傷ついて 人の温かみが よくわかる
    悲しみに ひとしずくだけでも 喜びを
    根っこが大事 人から見えない 根っこが大事
    僕の今 論語・聖書と ジョンレノン
    愛こそすべて どっちかというと あなたがすべて
    過去なんて 未来によって 変えられる
    大切なのは これからの人生 夢見ること
 
_____________________________________(7分)

◇轟ひろた Todoroki Hirota
表現者。社会人。劇団アニマル王子所属。/轟ひろたの好きなもの。論語、ビートルズ、
フジロック、新約聖書、サザンオールスターズ、吉祥寺、太陽と北風、七人の侍、自転車、
奥田民生、りんごジュース、マザーテレサ、ウサギとカメ。
▽轟ひろたのホームページ[魔法のiらんど] 
http://ip.tosp.co.jp/i.asp?I=todorock
_____________________________________

hl15nk367.jpg

▼轟ひろた事後感想(クリック)▼
ラベル:俳ラ15 轟ひろた
posted by 二健 at 02:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 朗読作品 | 更新情報をチェックする

一番、宮﨑二健 天狗仮面俳句怒号【 逆説の愛 】


  • 01. 神妙にせい虎ヌタ抜きの河残陽
    02. まゆ玉にばっかりにもてた記憶ばっかし
    03. コケシに起こされた朝だった
    04. 猫の手も借りたし猫引きこもり
    05. コスモスばかり咲いて敷居が高いぞ
    06. 文恵という女に踏み絵を踏ませてやった
    07. コケティッシュなコケシぶらぶら
    08. ちゅるちゅるとアバンチュールの良夜かな
    09. 自説を説くと引かれちまった秋の暮
    10. 福は内天狗は天晴れ蚊帳の外
    11. 反感を安く買われた夕焼けであった
    12. 散歩がてらに首なしの曼珠沙華
    13. 飛び交った枕の夢やちんちろりん
    14. 叱咤激励逆説の愛の豊穣なのだ
    15. どうせ独りよがりか烏瓜


_____________________________________(20分)

◇宮﨑二健 Miyazaki Jiken
群馬出身新宿在住。1985年、俳句を始める。社会性俳人原子公平に親炙9年。
自由律の橋本夢道に私淑。回文俳句創作と俳ラ活動(98.3~)を継続。
自店JazzBar サムライ(79.5~)を根城に、
「俳句志・もののふの会」(94.4~)の看板守、扇動者。 「豈」同人(19号~)。
自句は数多あるものの出しそびれていて句集なし。

◇持論

俳句とは俳の句である
然るに上位概念「詩」に包括されない
「俳」の自立を命題とする
川柳や狂句は俳句の一形態である

俳人とは俳の人である
俳の精神を失った形だけの
俳句を作る人のことではない
_____________________________________

hl15nk326.jpg

posted by 二健 at 01:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 朗読作品 | 更新情報をチェックする
hl_bn01.jpg 【俳ラ綱領】 ■名称:俳句志・もののふの会「独演!俳句ライブ」 ■略称: 「俳ラ」■英文表記:Haiku Reading Solo Performance "HAILA" by Mononofu-no-kai  ■発生:「俳ラ01」 Since 1998.3.1 於JazzBarサムライ  ■コンセプト:「俳句朗読の実践窟*先ず口承ありき*俳の表現かくありき」■三大原則:(1)自句朗読=形式不問 (2)肉声=マイク使用せず (3)独演=共演せず ※鳴り物やBGM使用可。パフォーマンス可。朗読のみ可。 /窓口:SAMURAI (煽動と統括:宮崎二健) jike@n.email.ne.jp /主催:俳句志「もののふの会」~Jiken